マークソの雑記

オタクライブとか旅行とか

鈴木このみ 5th Live Tour ~CurioCity~

5/26、東京ドームシティホールで行われた鈴木このみのライブに行ってきました。

一か月くらい期間開けてライブの感想書くのは感情とかその日に思ったこととかは今とはちょっと違うかもしれないけど頑張って思い起こしながら書きます。

セトリがこれ。

まずそもそも僕の鈴木このみに対するイメージを書いておくと声量、表現力、歌唱力は重ねたアーティスト歴的にも同世代では圧倒的、アニタイさえ恵まれてれば本来もっと売れてていいはず、みたいなイメージ。普段連番組んでるオタクが鈴木このみのオタクだから週一くらいのペースで楽曲については語られてたから知らない曲もなるほどね、みたいな感じでほんとになんとなくイメージみたいなのはついてた(と思う)。

 

自分がこのみの歌で好きなのは

DAYS of DASH 

Love is MY RAIL

蒼の彼方

運命のEngagement

銀閃の風

世界は疵を抱きしめる

歌えばそこに君がいるから

 

このあたりが結構好き。

特に最初に挙げた二曲はなんか知らんが思い入れ強い。セトリの流れで死んでた。

 

このみさんってタップダンスできるんですね。それもびっくりした。

 

この人の一番のすごいところってまだ若いんだけど歴が長いから歌唱力の安定感とライブにおいての音源を確実に超えてくるところがほんとにすごい。

これってライブっていう環境空間においてとっても大事だと思う、よくほめ言葉で「口からCD音源」ってあるけど個人的にそれはもう褒めてない、丁寧にレコーディングンのように歌えばきっと大抵のアーティストはできる(はず)。

ライブに行く人を満足させるならCD音源を越えた見えない力が必要になる。演者が客を煽り客が演者に戦いを挑む。

そうやって研鑽していく中で完成するのがライブ。まだ一回しかソロいってないけど鈴木このみはそれができるんだなって確信に変われたとてもいいライブでした。

3