マークソの雑記

オタクライブとか旅行とか

受け継がれるバトン

だいたいみんな初日から行くだろうから
あえて3日目から遡ろう
藍井エイル×蒼井翔太「あおい」でコラボ。

しょうもない?コラボなんてしょうもないかガチでエモいからくらいの方がいい。中途半端は反応に悩むからな。
選曲されたのは
水樹奈々×西川貴教
Preserved Roses
いいじゃねえか。2014年以来だよ。レーベルの壁を越えた
SACRA MUSIC × キングレコード
だよ。レーベルの壁を越えたフェスにちゃんとなってる。
その後の流れもよかった。
スピラスピカのスタートダッシュで幹葉のMC使ってしっかりとアンセムへの流れを作って
さらにトロッコ演出でネクスangela枠っぽさも出してきた。
上坂で『ポプテピピック』、ClariSで『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の名前を残したアニメの曲に触れて
虹ヶ咲学園、JUNNAにつないで、またもやこれから伸びてくるの人達の流れ。
そこから今井麻美で思い入れの強い曲でしっかりとSTORYを感じることが出来た。
そして内田姉弟の連続ステージでは「魔女になりたい姫と姫になりたい魔女のラプソディー」っていう
ZAQからみた上坂内田っていうメッセージの強い曲。
entertainmentstation.jp

そしてZAQにつないで「BRAVER」
歌詞の最後に

”新しい物語 紡ぐよ
全て賭ける Ah…
光を もっと光を
その頂きへと”

っていうSTORYに準じた歌詞の曲を採用。
buzz★Vibesは森久保さん自身が役を務めた『メジャー』の「心絵」っていうまた名曲をぶち込み
シクレでMOTSUを呼んで「EZ DO DANCE
TRF小室哲哉サウンドにもしっかり触れてから

今回の何よりもびっくりしました
放課後ティータイム(HTT)
今アニソン現場にいるオタクの半分以上は通った道なんじゃないかな。
けいおん!
それがこの2019年にステージにあがる、シクレとして申し分ない、これ以上ないでしょう。

後半明けは
JAM Project、この人達なしに平成前半を語ることはできなかったでしょう。HTTっていう超レアユニットに
対してもこの人達なら何も動じず自分たちの世界を作り上げられる。
げんに、彼らはしっかりいつものアツアツなジャムプロを見せてくれた。

そしてバトンを受け取ったのは
ハム太郎とっとこうた / 小倉 唯×内田真礼

アニクラ発祥の比較的新しい文化の取り込み、挑戦でもあるように思えました。
その後人に戻った小倉唯はデビュー曲を披露し
アニサマの重鎮黒崎真音へ、ゴリゴリゴシックサウンドで新アルバムから2曲持ってきて
「変わること間違うことを恐れないでほしい」っていう何かを発信する人にしか言えない
MCを言い
蒼井翔太
翔太も小学三年生から学校いってないっていうお話から
アニサマが好きだっていう気持ちを述べてくれた。
www.excite.co.jp


O×Tはごめん、ステバクだったからちゃんとみれなかったけど原作に忠実なことやってんだろうなとは思った。
そしてHTTに対してトムハックが述べるってのがなんか古のオタク的にはツボだったよ

Poppin’Partyは登場かっこよかったな。
しっかり前トリとしてもりあげてエイルにつないだと思います。

藍井エイルさん。
2015,2016と体調不良で二度出れなかったアニサマ、その間に親交深いLiSAはとても先に行ってしまい
フォロワーだけでみるなら約3倍の差が出ました。
しかも2016、17とLiSAはトリでエモい「シルシ」を、前トリで水樹奈々に繋ぐバカエモいことやって
完全にアニソンの頂点に君臨しました。
今日もおそらくエイルが前トリLiSAが大トリでSACRA MUSIC FESの再来だと信じて疑いませんでした。

でもバトンタッチしてたんですね、あの拳を交えたあそこで。(僕のTwitterのヘッダーを見て)
あなたはJAMからも、LiSAからもアニソンの紡ぐバトンを受け取ったんです。

2016年の武道館公演ではじめに歌った曲は
シリウス」でアンコール前の最後の曲は「INNOCENCE」です
今回開幕の二曲その2つですよね
”3年後くらいにSSAの中心で歌いたい”という一つの夢、今日叶えられたんですよ。
spice.eplus.jp

藍井エイルが大トリじゃない?賛否両論あるだろうけどこれでよかったんだよ。
今日出てる演者の中でアニサマを通して、説得力を持ち、かつサクセスストーリーがあったのは間違いなく彼女です。
そういう人がトリを務めると一つ次のステージに行ける、そんな気がします。

そのバトンが次は誰に受け継がれるのか、一人のオタクとしてとても楽しみです。
楽しいライブをありがとうございました。